ダウンロード (8)


わたくしも音楽スタジオのスタッフなので、よくライブに誘われることが多いのです。

なかなか全部見に行けないんですが(笑)。

インディーズ、アマチュアで活動されてる皆さんにとっては、自分達の音楽を披露する場は貴重な時間なので、可能な限りいきますね。

そしてそれが好きなんです。

せっかく誘ったのに「当日いけない!」なんて連絡も受けたことがある人も多いのではないでしょうか。

そこには悪気はないことがほとんどだと思いますが、せっかくのタイミングが台無しになってしまいますね。

せっかくなら大勢で盛り上がりたい!ですよね。それはお客さんもです。

ライブイメージ

なぜ当日ドタキャンするの?

体調や気分が悪くなったり、仕事やバイトで残業、あんまり仲良くない…など理由は様々だと思いますが、「ライブのお誘いされて気分の悪い人はいない」と思います。

それは「全然しゃべったことない人」からのお誘いでもそうです。

ライブ当日までの関係作りが大切な一歩です。

ドタキャンは決して悪いことではない

「どうしても来れない」を「どうしても行きたい」に変換、そのタイミングを作るサポートをする目線で、ドタキャンした人を批判するのはやめましょう。

こちらでも書いてますが、あなたの音楽を聴いてもらい、共感したり、感動に持って行くにはお互いの協力が必要なのです。

【ライブに来て欲しい!】誘った人のドタキャンを防ぐ方法

1. 友達も誘ってあげる

バンドイメージ

わたくしは一人でも平気なんですが、ほとんどの人が「一人では行きにくい」と思います。

身内で行く人をまずチェックして可能な限り教えてあげましょう◎

2. 来る人には、最寄り駅からの道順と所要時間を教える

駅

ライブハウスの場所がどこにあるかなんて、バンドをやってる人ぐらいかもしれません。

自分達がライブする場所を伝える時に、道が細かく記載されてたら当日、学校帰り、仕事帰りでも足を運びやすいです。

電車も路線が一つとは限りません。

車で来る人は渋滞情報や駐車場の場所が気になるかもしれません。

ライブは夜行われることが多いので、道が混雑してることも多いです。

3. ライブを誘うときは電話する(直接口で言う)

iPhone

今はLINEなどで無料通話できるので、電話代もそんなにかからないです。

時間が許す限り電話でお誘いしましょう。

Twitter、Facebook、メールなどの告知だけではなかなか伝わらないことが多いです。

来てくれる人には可能な限りお電話で(笑)

4. 月末20日〜ぐらいにお誘いする

カレンダー

お誘いするのに早い事にこしたことはないですが、働いてる人はバイトのシフト、仕事の予定は月末に決まる事が多いで、その時に予定を調整しやすいかもしれません。

告知をするタイミングもその時が狙い目かもしれませんね。

予定が決まってしまってからだとドタキャンの可能性は当然高くなります。

5. 可能であれば出演時間を教える。他出演者も

タイムテーブル

特にライブ前日や直前だと助かるかもしれませんね。

「夜だと思ってたら、実は昼だった。」みたいなこともよくあります。

そして他にも目当てのバンドがあるかもしれません。

6. ライブチケットを手売り、前払いしてもらう

ライブチケット

チケットを渡せる人には渡しておきましょう。

最近はライブハウスの取り置きのシステムも多いですが、貰ったチケットをほかしてしまう人なんてそうそういないはずです。

「当日いけるか微妙かも」と言う方に実際のチケットを渡すのが無理なら、「チケット引き換え券」など作ってみてもいいかもしれません。

あとチケットを渡すときは、必ず料金をもらいましょう。

7. 物販CDを事前に販売する、聴いて貰う

CD ロゴ

なかなか難しいかもしれませんが、自分達の音源を事前に聴いてもらうことができれば、ライブ当日の価値も上がるのではないでしょうか。

8. お悩み相談を受け付ける

考える人

恋愛で悩んでる…友情関係で悩んでる…そんな人も多いと思います。

音楽やってる人にはエネルギーがあります。

「その人に向けてエネルギーを分け与えたい」そんなライブ。わたしだったら行きたいと思います。

行けないときは連絡する(誘われた側)

残念

 

どうしてもいけない場合、必ず連絡しましょう。

その当日のライブイベントはソールドアウトして、いきたいけどいけない人がいるかもしれないです。

早ければ早いほど連絡したほうがいいかもしれません。

次回のライブなどの情報を受け取れたら受け取るようにしましょう。

 

ライブの誘い方にマニュアルや特別なルールは存在しませんが、「本当に来て欲しい!」「自分達がパワーをあたえるんだ」そんな気持ちが大切なのかもしれませんね◎




writing by バンド練習なら 京都のスタジオ スタジオラグ


【おすすめ記事】
muevoのご説明とユーザー募集のお知らせ。
あなたもmuevoで新しい音楽活動を始めませんか?

音楽専門クラウドファンディング&交流サイト muevo 
http://www.muevo.jp/