PAK86_kononihonwokae20140713500

「この音楽業界、、、日本を変えたい!」

PAK86_aaaaaaaaaaaaa20140713500

「ヴッ、、、、、、ガエダイ!」



という事で、このソーシャルメディア全盛の時代に、特にツイッター、facebook、ブログ、ホームページを使ったファン獲得重を皆さんに学んで頂き、バンド活動を成功させてほしいと思い活用術の連載を始めます。

※冒頭画像でちょっとふざけましたが内容はいたってまじめです。

 実際にソーシャルメディアを活用するとインターネットさえあれば費用をかける事無く数千万人という人とつながることができます。一昔前まで想像もできなかった夢のようなことが無料で、しかも楽しみながらできてしまうのです。
 
しかし、始めてみたはいいものの、バンド活動に役立つ利用方法、ファンを集める方法などは中々自分で全て勉強するのは簡単ではありません。一般の人と同じように日常的な内容を投稿をして、ライブが近づくとライブの告知をする。このよう使い方をしている方がほとんどなのではないでしょうか。
結局の所、なんとなくソーシャルメディアを利用してみたはいいけれども、本当にバンド活動が有利になるような利用方法、本当にたくさんの人にバンドをアピールする戦略的な利用方法をわかっている人はかなりの少数派なのです。
また、これだけバンド活動に有利なツールが手軽に利用できるのに一つも利用していない人もいます。これは相当なあなたとファンが繋がる為の機会損失をしているという事だと思った方がいいでしょう。

現在は次々と新たなメディアが現れ、確かにすべてを使いこなすのは面倒です。しかし、だからと言って何もしない者は取り残されて情報の格差はどんどん広がっていくのです。これはいつの時代も同じです。
そのために今回、ソーシャルメディアを利用してたくさんの人にバンドを認知してもらい、多くのコアなファンを集めるための方法を連載形式でお伝えします。

ぜひ最後まで読んでこの内容を役立ててください。
読まないで損することはあっても読んで損することは何一つないことを断言します。
この連載で紹介する活用術を使いこなせば圧倒的な先行者利益を得ることができるのですから。


a0002_011891

ソーシャルメディアで可能になった事

まずはソーシャルメディアを活用することで何ができるかを説明します。
ソーシャルメディアの普及で変わったこと、それは個人がインターネットというフィールドに立つことができるようになったことです。
以前はインターネットに詳しい人だけがブログ、ホームページなどそのフィールドで情報発信をしてきました。それが今ではそこまでインターネットやパソコンに対する知識を持っていない一般の人でも可能になったのが一番大きな変化です。
 
ソーシャルメディアができる前、mixi も普及する前は皆さんの中でもネットで情報発信したくてもできる方は少なかったと思います。ネットを利用してバンド活動すれば便利なのに、したくてもできなかった。(その頃バンドやってなかった方もおおいかもしれませんが・・・。)
 
でも今は当たり前になっているためそのありがたみを認識している人が少なく感じます。 
一度確認してみましょう。 
ソーシャルメディアで ソーシャルメディアで可能になったこと
 
①無料で数千万のユーザーにアプローチが可能 
 
ソーシャルメディアが普及する以前は自分の活動する範囲内でしかお客さんと接触する方法がありませんでした。例えば、路上ライブを聞いてくれた人に口頭でライブ告知をする。ライブイベントで初めて自分たちの曲を聞いてくれた人に口頭で告知をする。フライヤー等を作成してライブハウスで折込してもらう。 
しかし、ソーシャルメディアの出現で日本全国の不特定多数の人にアプローチが可能に
なりました。これは以前では全く考えられないくらい莫大な可能性を秘めています。 
まだこの可能性に気づいていないバンドマンが非常に多いのです。 
 
②ターゲットを絞ってアプローチが可能

( ターゲットを絞ってアプローチが可能(自分のバンドのジャンルを好きそうな人だけに 自分のバンドのジャンルを好きそうな人だけにターゲットを絞ることができる。 ターゲットを絞ることができる。 絞ることができる。) 
ソーシャルメディアにはプロフィール機能が備わっています。住んでいる地域、年齢、性別、趣味、好きな音楽・・・。また、コミュニティを作って集まっていることもあります。例えばアメブロなら『グルっぽ』です。グルっぽとはロック好き同士、メロコア好き同士V系好き同士などが集まって同じ話題で盛り上がるためのコミュニティです。 
つまりこれまでやりたくてもなかなかできなかった、あなたの つまりこれまでやりたくてもなかなかできなかった、あなたのバンドの曲を聴いてほし バンドの曲を聴いてほしい人にピンポイントでアプローチが可能なのです。
 
③お客さんとのコミュニケーションが可能になった 
 
自分が好きなバンドとコミュニケーション取れたらうれしくないですか?これまでファンはバンドマンと交流したくてもその手段があまりありませんでした。それが今はソーシャルメディアを通じて簡単にコミュニケーションを取ることができます。これはファンにとっては非常にうれしいことなのです。コミュニケーションを増やすと間違いなくコアなファンになります。
 
また、ファンの生の声を聞いてライブの良かったとこ、悪かったことを聞き出して次の
ライブに役立てたりすることができます。 
 

現在ではこのようにソーシャルメディアを活用してバンド活動の幅を広げる事が出来るようになりました、まだ十分にソーシャルメディアを利用出来ていないバンドマンの方は、ぜひこの機会に上手な活用方法を学んで頂ければと思います。
今日はソーシャルメディアで可能になった事、音楽活動にいかにソーシャルメディアを利用する事が大切なのかをご説明させて頂きました。

明日はソーシャルメディア全体のイメージとそのゴールの設定についてご説明をさせて頂きます。


 PAK93_imashikanaidesyo1063500

 
さあ!あなたも今すぐソーシャルメディアを活用した音楽活動をはじめましょう!!









writing by 【格安バンドホームページ. com】 8/31までに申込で10Pのバンドホームページが98,000円!


音楽専門クラウドファンディング&交流サイト muevo
http://www.muevo.jp/